割り切って建売住宅に住んでいます

「長く住む家じゃないし」などといったように、建売住宅の購入を検討する際には、割り切って考えてしまうのもひとつの手ですよ。と、いいますか、「一戸建て住宅は定年退職まででいい」ですとか、「一戸建て住宅住まいは子育てが終わるまででいい」といったように考えている人は、マイホームに建売住宅は向いているかも知れませんね。

かくいう私もその一人で、そもそも一戸建て住宅を考え始めたのも、全ては子供のためですからね。夫婦二人暮らしならば、ずっとマンション住まいでいいと思っていました。けれども、子育てをするのならばやっぱり一戸建て住宅が良いと感じるようになったのです。

そこで一戸建てマイホームの購入を考えるようになったのですが、しかし住まいに対する考えの根底には「その時々の希望に応じて」というものがありました。「何が何でも一戸建てマイホーム」というまでの強い希望はなかったのですよね。

だからこそ、立地で選んで建売住宅に決めたのです。建売住宅はやはり、注文住宅と比べますと資材の安さは感じますが、けれども「死ぬまで住む家」とは考えていませんので受け入れられますよ。