子供には遊び感覚でしつけていました

しつけというと、とても怖く聞こえてくると思います。それに無理やりやらせているようにも思えるのです。だから私はしつけは遊びとして覚えさせたのです。

 
大好きなお人形を使って覚えました。お人形さん同士が会ったら、こんにちわと挨拶します。別れる時はさようならです。そしてありがとう、いただきますなど簡単にお人形遊びをしながらできるのです。とても簡単なので、娘は早く覚えてくれました。

 
最初はお人形だけでしたが、外で近所のおばあちゃんに会ったらちゃんとおはようございますと言っていたのです。私が教えたわけではないのです。遊びで覚えただけだと思います。実践で覚えてくれたと思います。

 
遊びながらしていた事が、普段でもちゃんとできるようになってきていたのです。そんな娘の姿を見ていたら、私はとても嬉しくなりました。

 

しつけていないのに、覚えてくれた娘にはとても感謝です。
このように遊びを通してできるしつけは、とても多いと思うので実践したほうがいいでしょう。