お気に入りの大手ハウスメーカーの木質パネル工法の家

1年程前に、築17年だった大手ハウスメーカーの木質パネル工法の家を購入しました。

さすが大手ハウスメーカー建築だけあって、しっかりした作りで一緒に内覧しに来た不動産屋も「床がしっかりしていますね。」と言っていました。

実際に住んでみると高気密な家なので、寒かったり・暑かったりした場合、暖房やクーラーをつけると直ぐに快適な温度の部屋になります。さすが南極で使われているだけあるなと思います。

外・内観も古さを感じさせない家なので、お気に入りなのですけれども難点があり、木質パネル工法の家は抜ける壁と抜けない壁があるので、間取りの変更は難しいみたいです。

それと我が家の家のハウスメーカーはあちらこちらに、オリジナル部品を使っているので、リフォーム会社や修理会社に敬遠されがちです。

自動シャッターの音がうるさくなってきて、近所に迷惑をかけるといけないのでシャッターを修理しようと下請け会社に電話したら、ハウスメーカーを尋ねられて答えたら「それは正規のシャッター会社に電話して下さい。」と言われて正規の会社の方で修理しました。

大手ハウスメーカーの家で作りもしっかりとしているし、17年経っても家の設計図も入手できたので、とても気に入っていて購入して良かったと思う反面、今後の修繕に普通よりもお金がかかりそうなので、大変そうだなと思っています。