割り切って建売住宅に住んでいます

「長く住む家じゃないし」などといったように、建売住宅の購入を検討する際には、割り切って考えてしまうのもひとつの手ですよ。と、いいますか、「一戸建て住宅は定年退職まででいい」ですとか、「一戸建て住宅住まいは子育てが終わるまででいい」といったように考えている人は、マイホームに建売住宅は向いているかも知れませんね。

かくいう私もその一人で、そもそも一戸建て住宅を考え始めたのも、全ては子供のためですからね。夫婦二人暮らしならば、ずっとマンション住まいでいいと思っていました。けれども、子育てをするのならばやっぱり一戸建て住宅が良いと感じるようになったのです。

そこで一戸建てマイホームの購入を考えるようになったのですが、しかし住まいに対する考えの根底には「その時々の希望に応じて」というものがありました。「何が何でも一戸建てマイホーム」というまでの強い希望はなかったのですよね。

だからこそ、立地で選んで建売住宅に決めたのです。建売住宅はやはり、注文住宅と比べますと資材の安さは感じますが、けれども「死ぬまで住む家」とは考えていませんので受け入れられますよ。

建売住宅は余計な手間がいらず即入居が可能

一戸建ての新築住宅で理想を言えばやはり、建売住宅が良いか、それとも注文住宅にしようかという基本的な考え方があります。 建売住宅の場合は単純に考えて、何時でも何処でも直ぐに入居できるというメリットが有ります。 しかし、注文住宅の場合は基本的には建物の基盤となる土地が有るということが最低条件になります。

又、建物にしても注文住宅の基本は建物の外部構造や形式で、それに内部構造にしても間取りや設備関係、LDの作り方など、多方面に渡って自己主張が取り入れられるかわりに、設計屋さんとも基本的な話合いを続けなければなりません。 ただ、近年はモデルハウスなども有って、フルオーダーではなくイージーオーダー方式の住宅も大いに参考にはなります。

しかし一方、注文住宅というのは、以上のことから実際には意外と手間もかかるし、時間も掛かるし、意外と面倒だという人もいるようです。 其のような場合は、やはり即入居ができる建売住宅が優先されるでしょう。 建売の場合は其れ以外にも意外とメリットが多いのです。