新築を購入する場合は安全な場所にある物件を選択

新築は通常ですと、一生に一度購入できるかどうかの大きな買い物になってきます。つまり、新築購入時にミスが起きてしまい、後で後悔してしまうと大きな人生のマイナスになってきますから、慎重に購入を検討していきます。
そこで、大事になってくる1つに安全な場所にある物件を選択する事です。例えば海や川に近い物件は避ける必要があり、海ですと高波や津波などの被害にあってしまう可能性がありますし、川の近くですと河川の増水などによって洪水の被害にあってしまう可能性があります。特に大きな川の近くは、大雨が降った時には危険ですので避ける必要があります。
また、近くに山があると土砂災害の危険性もありますから、避ける事が必要になります。このように、災害の事を考えて、大雨や地震などが起きても被害を最小限度に抑える事ができる新築物件を購入していくようにします。
安全な場所を選ぶだけでも、災害の被害を最小限度に抑える事ができますから、新築を購入する時には、物件の周りの環境をしっかりと把握してから購入を検討します。

注文住宅を建てる場合の諸条件

マイホームや一戸建ての持家住宅は注文住宅が理想だ、という考え方があります。 しかし、特に注文住宅を希望する場合は、先ず土地をを準備することが必然で、全てはここから始まります。 土地は親などに安く譲渡してもらう場合は別として、自分でこれから探すには生活基盤や生活環境によって選び方が決まってくるものです。 

土地購入の前提条件として、沿線の交通手段や土地の造成状況、自然環境、その他の諸々の条件を加味しなければ成りませんし、勿論、住宅と合わせた価格やローンといった金銭面でも条件が変わってきます。 いずれにしても、住宅を建てるのにより良い土地を求めることが前提となります。

さて土地が確保できたら今度は住宅ですが、出来れば注文住宅を希望するわけですが、最近は注文住宅と言っても殆どの場合がイージーオーダータイプが大半を占めるでしょう。 其れには住宅展示場で建物の構造や和式か様式か等を検討するのも良いが、最近では有名な注文住宅のメーカーのホームページを開いて、各住宅メーカーの建築様式や間取りの並べ方、それに最近流行りのオール電化の家など、無論、それに伴う建築坪単価や建築総額費用などをふくめて、インターネットで見る機会もつくっておくべきでしょう。

建売住宅は余計な手間がいらず即入居が可能

一戸建ての新築住宅で理想を言えばやはり、建売住宅が良いか、それとも注文住宅にしようかという基本的な考え方があります。 建売住宅の場合は単純に考えて、何時でも何処でも直ぐに入居できるというメリットが有ります。 しかし、注文住宅の場合は基本的には建物の基盤となる土地が有るということが最低条件になります。

又、建物にしても注文住宅の基本は建物の外部構造や形式で、それに内部構造にしても間取りや設備関係、LDの作り方など、多方面に渡って自己主張が取り入れられるかわりに、設計屋さんとも基本的な話合いを続けなければなりません。 ただ、近年はモデルハウスなども有って、フルオーダーではなくイージーオーダー方式の住宅も大いに参考にはなります。

しかし一方、注文住宅というのは、以上のことから実際には意外と手間もかかるし、時間も掛かるし、意外と面倒だという人もいるようです。 其のような場合は、やはり即入居ができる建売住宅が優先されるでしょう。 建売の場合は其れ以外にも意外とメリットが多いのです。

住宅は階段の幅まで気を配りたいものです

建売住宅を購入し、住み始めて初めて知った「こんなところにも気を配りたかった!」というのがひとつあります。それは、階段の一段一段の幅です。建売なので、規格サイズなのですが、少々狭いのです。私は普通の女性並みの23.5センチの足のサイズですが、その長さはなく階段の上り下りでは足半分くらいがはみ出ている状態です。
気づいたのは、階段で派手に滑って転んだからです。幅が足りず、ずるっとつま先が滑り、したたかに脛を打ちました。転げ落ちなくて幸いでしたが、出血の事態になり痣は長く残るしで散々だったのです。
それを機に、実家の階段を改めて見てみるとかなりゆとりのある幅でした。幅があるからといって滑らない、落ちない保証はありませんが、危険は少なくなることは間違いありません。大きな物を持って階段を使うときも、狭い幅でいつも不安です。女性の私でもそう感じるのですから、足の大きい男性や注意力散漫な子ども、足下がおぼつかない年配の方などの危険性は増すように思います。
多少、費用はかかるかもしれませんが、注文住宅を建てる方はぜひ、階段の幅にも気を配ることをおススメします。私は建売住宅でしたが、長く住む家なので、細かいところまで考えて購入すればよかったなあと後悔しています。

注文住宅は自分たち家族に合わせた間取りなのでいい

注文住宅で良かったところと言えば、やはり家族に合わせて間取りをつくっていけるところですね。私はトイレが近いのでトイレは二つ欲しかったですし、それに子供部屋についても、子どもの人数分の部屋が用意できましたから。また、夫婦の寝室は小さめにして、その代わりに寝室からつながるウォークインクローゼットに広さを使ったりですとか、自分たちの家族にあわせて作っていけるところが魅力だと思いました。

夫婦共働きですから、洗濯物はこまめにたためないとふんで、洗濯物干しの部屋こと物置部屋を用意したので、何日か洗濯物を干しっぱなしにしていてもとくに支障はないですからね。それに、「今、必要じゃないもの」あドサッと置いておけるので便利です。建売住宅ですとスペースに無駄なく設計されている分、このような家事室がある物件を探すのは難しかったと思います。

ですから、注文住宅で建てた良かったなぁと思っています。ただ、打ち合わせを何回もしたりと、時間はかなりかかりましたが。

新築の見学会は家族で参加する

新築を購入する時には、物件を比較しながら購入を検討していきますけど、多くの物件では見学をする事ができます。
そこで、見学する時には住む人全員が参加するようにします。あなた一人だけが住むのであればあなただけが参加すればよいですが、一緒に住む家族がいる場合は、家族全員が参加して全員が満足できる物件かを確かめる必要があります。
あなただけが満足しても、他の家族の中に住みにくい少し不満な部分があると結果的に、家族全員が住みやすい家とはいえないです。住みにくいと感じた家族は住んでいるとストレスがたまってしまう可能性がありますから家族全員の意見を尊重して新築を購入するようにします。
もちろん、子供の意見も大事になってきますから、子供が小学生以上で物事を判断できる年齢の場合は、子供も一緒に見学に行かせます。
みんなが住みやすい新築を購入すれば、その後の生活が楽しくなりますし、物件を探したあなたも感謝される可能性がありますから家族の関係が良くなります。

子育てに大切な環境

子育てをするにあたって大切なことの一つに「環境」があると思います。それは、高級住宅街が良いとかそう言ったことではありません。私の思う環境の良さとは、治安が良く住みやすい街かどうかということです。

 
子供が生まれ、夫と今後のことを話し合いました。その時は賃貸のマンションに住んでいましたが、子供のことを考え一軒家を建てることにしました。その際に、土地柄や通うことになる学校の方針などをしっかり調べました。

 

家を建てることとなった場所は、同い年の子供を持つご家族がたくさん住まれています。ご近所の方と育児の悩みを共有したり、学校のことについてなど色々話せるので、安心して暮らすことができています。私達親が安心して暮らせる環境は、必然的に子供の安心に繋がると感じています。

 

通うことになる学校も、治安が悪いということは全くなく、真面目なのびのびとした生徒が多いと言われています。実際に通ってみなければ中身はわかりませんが、まずはしっかりした基盤を子供に提供してあげることが大切だと思います。

極度の人見知りが治ってきている

私の子は極度の人見知りです。女の子ですが、1歳を過ぎたあたりからそれが強く出るようになりました。

 

最初は、そのうち治るだろうという軽い子持ちでしたが、それがどんどんひどくなって、2歳ころには、スーパーで同じくらいの子がそばに来ると泣いてこっちに走ってきます。

 

どこにいても、同じくらいの子供にだけ人見知りを発揮し、泣いて泣いて。私の友人にも同じ年の子がいて、よく遊んでいたのですが、それも嫌がるようになり、その子の家に入ろうもんなら泣きじゃくって帰るまで泣いています。

 

このままでは幼稚園にすらいけないのではとすごく悩みました。しかし、私はめげずに、慣れさすために少しずつですがそういう場所に参加するように。動画などで子供たちが楽しく遊んでいるシーンを見せたりして、友達と遊ぶのは楽しいという気持ちを覚えさせました。

 

すると、ゆっくりではありますが、現在3歳になった娘は、知らない子が寄ってきても逃げることはなくなりました。それに、慣れてきたら親なんてほ放ったらかしで無邪気に遊んでいます。

 

子供の人見知りは、気持ちを変えてあげることで改善されていくんだと思います。

寝かしつけが少し楽になるまでの道のり

子どもの寝かしつけに苦労する方はたくさんいるかと思います。
私も、ギャン泣きする我が子に、「こっちが泣きたいよ〜」と、心折れそうになったことが多々あります。
でも最近、ほんの少しだけ、余裕が出てきました。

 
我が子が寝かしつけの時に、寝やすくなるポイントが分かってきたためです。
色んな体勢や方法を試してみて、我が子がスムーズに寝てくれるのは、
・歌を歌う
・横抱っこでウトウトするまでは縦揺れにする
・ウトウトし出したら、横揺れにする
という3つです。

 
私は歌を歌うことが好きなため、新生児の頃からずっと、寝かしつけの時には常に歌を歌っていました。すると、ギャンギャン泣いていても、歌うと泣き止み、歌を聞くようになってくれたのです。
そして歌うと同時に縦揺れにすると、ウトウトし出します。

 
あとは、歌う声を小さくしていきながら、徐々に横揺れにしていくと、寝息をたてて寝始めます。
この方法で上手くいかない時もあるし、全てのお子さんに当てはまる訳ではありませんが、寝かしつけは、色々と試してみて、合う方法が見つかれば、後はその方法を繰り返して習慣化する、これに尽きると思います。

自分の子供を見て、自分に似ているなと感じで愛しく思うこと

私には、娘が一人います。顔は主人のほうに似ていますが、性格はとても明るく、活動的で好き嫌いがはっきりしていて私によく似ているなといつも感じています。他にも、人と話すことが好きなことやおせっかいなくらい世話好きなところも似ているので、見ていてとても面白くてとても愛しく感じられます。

 
主人は、私の人好きで世話好きというか、おせっかいなところを良いと思ってくれているので、その性格を引き継いだ娘の行動も認めてくれています。

 
夫婦で一人の娘を大切に育てていくという、共通の目標を持つことで夫婦も協力でき、子育てもうまく行くのではないかと思っています。

 
結婚生活の中でで夫婦で子供を生み、二人で育てるということはとても大切なことだと感じています。一人の人間を生み、育てていく、大変さと楽しさを経験することは人生で大きなことだと思います。

 

自分がしっかりとした子供を育てることを考えると、「自分も成長しなくちゃ」と思いますし、「自分たちだけ良ければいい」という考え方を捨てて行くようになるのではないかと思います。